八字風水でみる浅田真央選手のラッキーカラー

top.jpg

明けましておめでとうございます。
フィギュアスケートシーズン真っ只中ですね。

先月の2016全日本フィギュアスケート選手権を見ていて気になることがあり、 真央ちゃんは次のオリンピックに出られるんだろうか・・・
と思い、八字風水を見てみることにしました。

八字風水とは家ではなく個人の運気を上げる為の風水です。


さて、八字(命式)を出すには生年月日時を調べないとなりません。
生年月日はWikipedia辺りを見ればすぐ分かるものの、 生まれた時間は中々分かりません。
普通はここで躓くのですが、幸運にも生まれた時間が書いてあるものを見付けました。

本人やご家族への取材を元に吉田 順さんという方が書かれた
浅田真央 さらなる高みへ』という本です。
この本のP12で、
「1990年9月25日正午過ぎ。
浅田真央は愛知県名古屋市に生まれた。
母・匡子が義理の妹の車に揺られて病院に到着してから、わずか3時間のスピード出産だった。」
とされているので、出生時間は午時か未時だと思います。
(病院に到着したのは朝で、生まれたのが正午過ぎという意味だそうです)

9月25日の名古屋の不定時法時差を考慮した正午(南中時刻)は11時22分です。

念の為、午時、未時、申時の紫微斗数の命盤を出してみました。
(クリックすると別ウインドウで開きます)

命盤午時.png  午時の命宮は主星の入らない
 命無正曜格(めいむせいようかく)で、
 対宮は「太陽」と「天梁」、
命盤未時.png  未時の命宮の主星は「破軍」、
命盤申時.png  申時も命無正曜格で、
 対宮は「太陽」と「太陰」です。


紫微斗数は顔の雰囲気で、ある程度 命宮の主星が絞れるので、 生まれた時間が分からない人の出生時間を特定するのに非常に便利です。

まずは午時。
命宮の主星に天梁星があると、鼻に特徴のある顔つきになります。
外国人であっても日本人であっても、鼻が高いというか・・・
ただ高いだけでなく、顔の中の鼻の存在感が大きいイメージです。
(プルシェンコみたいな感じ)
でも真央ちゃんはどう見ても天梁顔ではないので、 午時生まれではないと思います。

次は申時。
申時が始まるのは14:41からで、正午過ぎと表現するには ちょっと遅いんですよね。
顔も太陽・太陰ぽくありません。

そして未時。
真央ちゃんは破軍顔です。
命宮の主星が破軍星の人は、すごく目立つパーツのない感じのバランスの取れた顔の人が多いです。
出生時間は未時、定時法の12:28~14:40で間違いないと思います。


破軍は一般的に凶星とされていますが、 男女ともに、かわいい雰囲気で愛されキャラの人が多い印象ですね。

負けず嫌いな星なので スポーツ選手や、競争する仕事においてはむしろ吉です。
破軍の「好きな事ならトコトンやる」という面もアスリート向きの星です。

ただし、良くも悪くもゴーイングマイウェイで 性格的な面で人に合わせることができない為、 団体競技より個人競技に向いています。


真央ちゃんを幼少期から指導してきた山田満知子コーチは、 伊藤みどりさんを交えた対談で、真央ちゃんに「あなたは筋金入りの頑固」と言っています。
そんなところも破軍ぽいなと思うのです。
命宮に破軍星を持つ人は、みんながやっているからとか、周りの人に言われたからそうする といったことをしません。
自分で考えてそうしたければする、納得すればやるという感じです。

また、命無正曜格の人は他人に流されやすくなるので、頑固とは真逆の性格になります。

これを踏まえて未時で真央ちゃんの命式を作成します。



浅田真央選手の八字


真央ちゃんの八字(命式)はこうなりました。
己癸乙庚
未巳酉午


次に、四柱推命で五行の強さを見ていきます。

この八字は、月干の乙と、年干の庚が干合して、乙が下記の様に変化します。
己癸
未巳酉午


真央ちゃんは秋月生まれなので元々「金」を強くみるのですが、 干合によって、さらに金が強くなっています。


地支の巳と酉が半会しているのでこれも金局となり、 これだけだと金以外の作用を失います。

ただし未・巳・午が方合になっている為、こちらを優先します。
これにより南方火局となり、火の五行のみ作用します。

それでもやっぱり金が強いですね。
従格ぽいなぁ。

レーダーチャートにするとこんな感じ。
浅田真央グラフ.PNG
だいぶ尖ってますね。
正五角形に近いほどバランスの良い八字となります。


開運財布の記事で少し書きましたが、 通常の八字風水では五行のバランスを整える為に、足りない五行を補う色を用います。
こういった処方を行う八字を内格といいます。

ただし、どれか1つ突出して強い場合は 足りないものを補うのではなく、強いものを更に強くするという方法をとります。
こういった処方を行う八字を外格もしくは従格といいます。

ただ、外格とするか内格とするかは悩ましいのです。
例えるなら、笑いですね。
ぶっ飛んだことをやって人を笑わせようとする時に、 恥ずかしがって照れながらやる様な感じです。
やるなら開き直って思い切りやらないと面白さが生まれないんですよね。

外格ではないのに外格の処方をしてしまうと、こんな感じで意味のないものになります(笑)
とにかく突き抜けた勢いが大事なのです。



外格かどうかを判断する


真央ちゃんの命式は、乙と庚の干合で乙(木)が辛(金)になり、金が強くなったことで 化金格という外格になりました。

干合というのは、行運(時間の流れによる運勢)によって解合(干合がなくなる)されてしまいます。
干合があっても内格の人の場合、解合される時期は比較的運気の良い時期となり、
干合で外格になっている人の場合、つらい時期となります。

真央ちゃんの場合、天干に五行のうち四行があり、干合がなくなるとバランスが良くなってしまいます。
なので、解合によって一時的に外格ではなくなる可能性があります(=破格)。
それでも金は強いので、バランスの悪い内格です。
そして元が外格なだけに、環境が激変したりします。
この様に、単純に「金の従格だから五行が金の干支が巡ってくればラッキー」とはならないので注意が必要です。

真央ちゃんは行運で乙か庚が巡ってくると解合です。
2010年は庚年、2015年は乙年で一時的に干合がなくなっていましたので、 見てみましょう。

2010年といえばバンクーバーオリンピック…
銀メダルは充分すごい結果なのですが、やはりご本人にとって納得いく結果ではなかったと思います。
というか、周囲の期待が大きすぎた為に生じた雑音の方がつらかったかも知れません。

2015年は休養明けの年でした。ジャンプのミスが多かった様です。
ただでさえ休養明けは試合勘が戻らなかったり、プレッシャーが強かったりして大変だと聞きますので、 やはりつらい年だったと思います。

ただし、乙未の2015年は空亡にも当たっている為、解合だけの影響ではないので、 じっくり見ないとよく分かりませんね。


次に、勢いを見ます。
日干の癸に根がなく、印綬があるのですが、 悩ましいのは偏官があるところです。
官は日干を剋すのでこの場合は無いのが理想的なのです。

ただ、この偏官は方合によって根(蔵干)が消されているので力は強くありません。


そもそも、五行のバランスがこれだけ尖っている命式で内格だと、 世界を舞台に戦うアスリートに成長するのはまずムリだと思われるので、 外格と判断できます。
外格は、生まれつき喜神(強めるべき五行)の強い強運の持ち主なのです。

ただし、行運が悪いとトコトン悪くなってしまう為、運勢の起伏は激しくなります。
その起伏の激しさを緩和できるのが八字風水なのですが、 真央ちゃんの八字で悩ましいのは解合される時期の判断です。
たぶんないと思っていますが、地支によって内格になる可能性はあります。

通常の占いでは「この時期、運が悪いですね」で済みますが、 八字風水は処方することに意味があるので、 運が悪いで済ませることができないんですよねぇ。
内格の場合と外格の場合は処方が違う為、かなり大きな問題なのです。

逆に言えば、未来の空亡は気にしません。
過去を検証する場合と、大きな選択をする時は気にしますが、 基本的には起こってもいない悪い事なんて、考えてもブルーになるだけですからね(笑)
空亡の時期は何もしない方がいいなんて言ってたら本当に不幸になってしまいます。
そんな時期こそ、積極的に開運すればいいのです。


とりあえず、2020年まで年単位で真央ちゃんの干合と方合が解けることはないので、無理に判断せずこのまま進めます。

私は普段、有名人の鑑定は積極的にはやりません。
メディアに見せている顔と本来の人柄や心情が違っていたりする為、 深いところまで判断するのが難しい為です。
良さそうに見える時期が本当に幸せかどうかなんて本人にしか分からないですからね。
それに、こんな風に迷った時に質疑応答ができないのもとても不便です。

…有料鑑定ではないので気楽とも言えますが(笑)



真央ちゃんのラッキーカラーは?


ここから、八字風水の処方に入ります。

従格は、日干の五行と強い五行の関係によって 従旺格・従強格・従児格・従財格・従殺格の5種類に分けられます。
従格の種類.png
真央ちゃんは日干を生じる五行の強い「従強格(印綬の強い従格)」です。

従強格は従格の中でもちょっと特殊です。
従強格でなければ「金」を生じさせる為に「土」のカラー(茶色やオレンジや黄色)を用いるのですが、 印綬は生じさせる五行が官にあたる為、それができません。

浅田真央処方.png
上にも書いた様に官は日干を剋してしまうからです。

なので、金を用神とし、「木・火・土」を忌神とします。
浅田真央処方金.png
用神(喜神)とは、八字風水におけるラッキーカラーのことで、
忌神とは、NGカラーのことです。

真央ちゃんのラッキーカラーは金・銀・白です。
ラインストーンなどでキラキラしているものだと尚いいです。


それと、「火」を抑える為に「」のカラー(黒や青)を入れると良いですね。
浅田真央処方水.png

フィギュアスケートは衣装も見どころのひとつです。
曲のイメージや振り付けに合わせて色とりどりの衣装を着る必要もあります。
なので、使えない色の方が多くなってしまうのは可哀想なのですが、良い面もあります。

五行バランスの良い八字の選手は、どんな色の衣装を着ても そこそこ良い程度で毎年ラッキーカラーが変わるのに対し、 従格の場合は絶対的に良い色を身に着けることができます

特にフィギュアスケートの場合は毎回ノーミスで演技することが難しい競技ですから、 成功率を上げる為の後押しをしてくれると思います。

色とりどりの衣装はエキシビジョンやアイスショーで着てもらって、 ここぞという時にはキラキラ多めの白い衣装を着て欲しいですね。


そして、はやめた方が良いです。

赤は金を剋す色なので強めなければならない金を弱くしてしまいます。
特に、赤はパワーの強い色なので、剋す力も大きいです。

特に真央ちゃんの場合、調候用神も辛で金なので 金が剋されるのは大凶です。

緑は火を生じる色で、火を強めてしまうので良くありません。
また、緑色は金に剋される為、金が余計なエネルギーを消耗してしまいます。
(内格になる場合は別ですけど)



八字風水的な視点で真央ちゃんの衣装をみてみる


今までの衣装を見てみましょう。


 調子の悪かった試合

まずは、シニア以降のメダルに届かなかった大会と五輪をまとめました。


2009-2010シーズン

2009年10月 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯(モスクワ)5位
GPロシア杯SP5位.jpg SP 51.94点
胸に花飾りがついたピンク色の衣装でした。
とてもかわいい衣装ですが、ピンクは五行で「火」に属する為、真央ちゃんには良くありません。

トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で失敗し、シニア自己最低の51.94点で6位でした。
GPロシア杯FS5位.jpg  FS 98.34点
襟周りに濃い赤のフリルがついた衣装です。
赤は少しあるだけでも力を発揮しますが、 袖の部分も赤で、火のパワー全開です。。。

ジャンプにミスが・・・


2010年2月 バンクーバー五輪2位
浅田真央バンクーバー五輪SP.jpg SP 73.78点
トリプルアクセルを決め、ジャンプは全て成功。
世界中の解説者がキムヨナの78.50点は高すぎると意義を唱えていました。
バンクーバー五輪FS.jpg FS 131.72点
トリプルアクセルを2度も成功させたものの、足が引っかかりノーミスとはいかず・・・
ここでもキムヨナは150.06点という高得点を出し、真央ちゃんは銀メダルとなりました。
オリンピックという大舞台での衣装はショート、フリーどちらも赤(=火)。
赤じゃなかったら・・・と思わずにはいられません。

元々「火」を忌む真央ちゃんですが、 特に2010年は庚寅年で干合がなくなっている為、「金」が弱くなっていました。
そこへ「木(乙・寅の本気)」と「火(寅の中気)」が加わります。
外格であっても内格であっても、徹底的に火を抑える必要があったのです。

トリノ五輪の時に荒川静香さんが、オリンピックのフリースケーティングの衣装は青系がいいというジンクスがあるのでこの衣装を選んだと言っていました。

企業の先行きを占う際にも命占の様な手法を使うので、 スポーツ大会においても、ジンクスを超えた影響はあるかも知れません。

真央ちゃん個人で考えても、青の方が良かったので、 荒川さんに倣っていれば良かったですね。


2010-2011シーズン

2010年10月 ISUグランプリシリーズ NHK杯(名古屋)8位
GPNHK杯SP8位.jpg SP 47.95点
黒地に赤い刺繍の衣装。
見えにくいですが髪飾りは赤です。

全3種類のジャンプを失敗し、シニア自己最低点、自己ワーストの8位・・・
演技時間が1秒オーバーして1点減点という信じられないミスも。
2010四大陸SP.jpg このタイムオーバー、バンクーバーオリンピック直前の四大陸選手権(2010年1月)のSPでもやって、1点減点されています。
なのにまたやってしまいました。
演技やスケート技術に関係ないところで減点されるなんてツイてないとしか言いようがありません。
(もしくはスタッフのミス)
GPNHK杯FS8位.jpg  FS 85.45点
薄紫の衣装です。
五行だと「水」と「火」が混ざっている状態で、ラベンダーっぽい色なので少し「水」の配分が多いかなという感じですね。
薄い色は良い影響も悪い影響も受けにくいです。

演技構成点では56.22と全12選手中2位の高得点を挙げたものの、トリプルアクセルを含め2度の回転不足、2度の転倒で順位を上げることができませんでした。


2010年11月 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯(パリ)5位
フランス杯SP5位.jpg SP 50.10点
ジャンプで2回転倒し7位。
NHK杯で演技時間がオーバーした為、音楽の再生速度を早めるという対策を取ったせいで無理が生じた様です。
フランス杯5位FS.jpg FS 97.92点
転倒はなかったものの、練習では着氷したトリプルアクセルが2回とも1回転半になり、不調だった3回転ルッツは回転不足という判定。
2年連続でGPファイナル出場を逃す結果に。
フランス杯gala.jpg この時、エキシビジョンで白い衣装を着ているんです…
とても美しい演技でした。
エキシビジョンは照明が暗く白が映えるので、白を選ぶ事が多い様です。
逆に試合で白を着ると氷と同化して目立たないので避けられてしまう事が多いですね・・・
もったいないです。


2011年4月 世界フィギュアスケート選手権(モスクワ)6位
世界選手権SP6位.jpg SP 58.66点
シーズン中に変更された衣装ですが、赤の分量が増えてしまいました。。。

トリプルアクセルが回転不足となり7位。
点数が低すぎる、真央ちゃんへの判定が不当であると思った人も多い様です。
自分の努力ではどうにもならない事こそ占いの出番なんじゃないかと思います。
世界選手権FS6位.jpg  FS 114.13点
よろけてしまう様なミスがいくつかあり、当時は痩せすぎたせいだと批判する人もいた様ですが、2011年に入って母・匡子さんの容体が悪化したそうです。
「肝臓移植をしなければ、次のオリンピックまで生きていられないかもしれない」と宣告されていたことが後に分かりました。
心労で激やせしている姿が痛々しいです・・・

真央ちゃんのお母様は、この年の12月9日早朝、GPF(グランプリファイナル)の日に肝硬変で亡くなられています。

印綬が強い人は、甘えん坊で依頼心が強くなります。
特に母親との関わりが深く、過保護に育てられものすごく可愛がられるか、厳しく育てられものすごく仲が悪くなるか、 両極端な関係性になります。
真央ちゃんはものすごく可愛がられた様で、姉の舞さんはそれが辛くて家出したことがあるそうです。

2011年、真央ちゃんはまだ21歳の時です。
普通の生活をしていている人にとっても21歳の若さで母親を亡くすというのはかなり辛いことだと思いますが、 真央ちゃんにとって普通の人が感じる以上に辛かっただろうということが分かります。

さらに、フィギュアスケートは両親の支え無しでは絶対に続けられないと言われるスポーツですからね。
お金の工面はもちろん、精神的な面でもお母様の存在はとても大きかったと思います。
トップ選手になる為には毎日欠かさず練習をしなければならず、 学校の友達と遊ぶ時間なんて取れないでしょうから、お母様が心の拠り所となっていたことは想像に難くありません。

真央ちゃんの心情を考えると2011年にスケートをやめていてもおかしくなかったと思います。
それでも、2011年12月23日~26日の全日本選手権では金メダルに輝いています。


2011-2012シーズン

2012年3月 世界フィギュアスケート選手権(ニース)6位
2012世界選手権SP6位.jpg2012世界選手権SP転倒.jpg
 SP 59.49点
水色なのだと思いますが、ライトの加減によってエメラルドグリーンにも見える衣装です。
よりによって辰年に緑・・・

冒頭のトリプルアクセル(3回転半)が回転不足となり、転倒。

2012世界選手権FS6位.jpg FS 105.03点
美しいスケーティングでしたが、ジャンプの乱れが目立ちました。
得意なループやフリップも乱れてしまいました。

しかもこの時、本番直前に鼻血を出していたそうです。
熱がこもってしまったのでしょうか?

原因は不明ですが、2006年12月のGPF(グランプリファイナル)を思い出した人も多いかも知れません。
15日のショートプログラムで高橋大輔が2位、浅田真央1位、安藤美姫2位と好成績を上げていたものの、 フリー当日の16日午後になって突如、この3人は体調を崩しました。
3人とも高熱、寒気、腹痛など風邪のような深刻な症状に見舞われ、 高橋大輔が2位、浅田真央が2位、安藤美姫が5位という結果に。
女子の優勝はショートで3位に留まっていた韓国のキム・ヨナ(金妍児) でした。

その後、体調を狂わせる目的で韓国KCIA工作員が日本人選手に薬物を飲ませたことが判明。
韓国籍の男性、ソン・ウォンホ(宋元浩)容疑者がロシア検察庁に逮捕されたそうです。

毒を盛るって・・・毒物の量や種類によっては死んでいたかも知れない訳で、 本当に恐ろしい事件です。
国ぐるみでこんなことをする所が次のオリンピック開催国ってちょっと信じられません。
駐韓国大使も帰って来てますし、 来月の四大陸選手権も含め、選手の皆さん本当に気を付けてください!

というか、本当にオリンピックできるのかな?と思い、奇門遁甲の卜占をやってみました。
全伏吟でした(笑)
伏吟とは、物事が動かず、身動きが取れないという意味です。
それが3つもあるのです。
準備が間に合わない、悪くすると北朝鮮が何か仕掛けてきて、それどころじゃなくなるという感じです。
そして、不利な取引を持ちかけられて日本の政府がお金を要求されるか、一部の競技(もしくは全部)を日本で行うことになりそうです。
他国の五輪の為にお金を出すとか普通に考えたらあり得ないですけど、韓国ならやりかねません…
2002年のワールドカップで韓国に貸したスタジアム建設費用300億円もまだ返ってきていないみたいですしね。
自分で占っておいて何ですけど、外れて欲しい…


2012-2013シーズン

2013年4月 世界フィギュアスケート国別対抗戦(東京)5位
2013国別対抗戦SP5位.jpg SP 59.39点
サーモンピンクとオレンジの間くらいの色の衣装です。
五行は「土」に近いかな…。

トリプルアクセルで転倒。
「トリプルアクセルは緊張の中で、後ろに反りかえりながら跳んでしまいました。 (今回は)直前に1度も跳べないままで、半分くらいは『大丈夫かな?』という感じで(本番に)臨んでしまった。」 と、コメントしています。
2013世界国別対抗戦FS5位.jpg FS 117.97点
白い衣装で唯一3位以内に入れなかったFSです。
この衣装、2010年バンクーバー五輪当時の前コーチ、 タラソワ氏からのプレゼントだそうです。
全日本選手権(2012年12月)までは下↓の衣装でした。
2012全日本選手権FS優勝.jpg このシーズンのフリーは『白鳥の湖』で、曲に合わせた衣装をシーズン中に贈られたのでしょう。
デザインはタラソワさんの衣装の方が美しいのですが、羽根がヒラヒラし過ぎて金の象意からは離れてしまいましたね。

ショート、フリー共に真央ちゃんは5位でしたが、 男子シングルで高橋大輔が優勝、女子シングルで鈴木明子が優勝し、 団体戦では3位銅メダルとなりました。


2013-2014シーズン

2014年2月 ソチ五輪団体戦3位
ソチ団体.jpg SP 64.07点
ソチから採用された種目のフィギュアスケート団体戦。
真央ちゃんは団体と個人、同じ曲に別の衣装で臨みました。
演技冒頭のトリプルアクセルに失敗して転倒。
トリプルアクセルの基礎点は8.5点ですが、重度の回転不足と判定され、基礎点が1.8点となった上、転倒で全体の得点から1.0点の減点となり、実質は0.8点しか獲得できませんでした。

真央ちゃんはインタビューなどでは好きな色はピンクと答えています。
一般的に、八字の中の強い五行の色を好む人は多いです。
好きと自覚していなくても、クローゼットを眺めてみたら同じような色の服ばっかりだったりします。

ピンクは白と赤の混ざった色です。
白は五行で「金」、赤は五行で「火」ですから、真央ちゃんも強い五行の色を好んでいることが分かります。

逆に、八字の中に「木」が全くないので、緑色の衣装を試合で着たことがほどんどありません。
「土」もかなり弱いので黄色・オレンジ・茶色を好んで着ることはないと思います。
(2013年のショートの衣装はおそらくタラソワさんの好み)

ここで気を付けたいのは、強い五行の色(=好きな色)を身に着けるのが吉となるのは完璧な従格の人だけです。
内格の人は足りない五行を補わなければならないので、 好きではない色がラッキーカラーとなります。

真央ちゃんは、白は良いけど赤はダメという吉凶混合なので、ピンクは良くないのです。 (ピンクは火に属します)

でも実際のところ、好きなはずのピンクより、ラベンダー色っぽい薄紫色の衣装を着ていることが多いのです。
なので薄紫色の衣装は験担ぎ(げんかつぎ)、もしくは八字風水以外の占いなんじゃないかなぁという気がします。
薄紫は青が混ざるのでピンクよりは良いですが、八字風水であればやはり白です。

薄紫色というとジュニアの頃に着ていた、この衣装のイメージがあります。
伊藤みどりの衣装1.jpg
この衣装は伊藤みどりさんから譲り受けたそうです。
「みどりさんの衣装を着るとパワーをもらえて、いつも良い演技が出来た」と話していたこともあり、 薄紫色にもパワーがあると考えてしまったのかも知れません。
でも、この衣装からもらえるパワーは薄紫ではなく白い花の部分にあるんですよ・・・
パール調のビーズでできているらしく、光っています。
伊藤みどりの衣装ストーン.png
こちらの衣装も伊藤みどりさんから譲り受けたものだそうです。

これを着た2004年の第73回全日本ジュニア選手権で優勝、 2005年の世界ジュニア選手権でも優勝しています。
この衣装の良いところも紫色ではなく、ストーンのキラキラが目立っている所です。
八字風水も、家の風水も、色を使って処方する際に重要なのは、必要な色を目立たせることです。
暗い色合いのところへ明るい色を配色すると、暗い色の分量が多くても目立つのは明るい色の方ですし、 白いところに一点違う色があれば、白よりもその色が目立ちます。
コントラストをうまく利用するのが大事なのです。


2014年2月 ソチ五輪6位
ソチ五輪SP.jpg SP 55.51点
2014年は真央ちゃんにとって空亡の年ですが、 生年が空亡なので悪いことばかりではないんですよね。
プレッシャーに負けてしまった感があります。
そして甲午年で「木」と「火」の年です。
衣装はだいぶ青寄りの紫ですが、魔物が棲んでいると言われるオリンピックで赤を含んだ色は避けるべきでした…
オリンピックの魔物って、結局のところプレッシャーなんですけどね。
トリプルアクセルで転倒、コンビネーションジャンプの失敗でまさかの16位に…

ソチ五輪6位.jpg FS 142.71点
五輪優勝にはフリーで青い衣装というジンクスを取り入れたのかも知れませんね。
色は青で五行の「水」なのですが、赤を入れてしまったのが残念です。ここが白だったらなぁ。
しかもトゲトゲしたデザインは五行で「火」なんですよね・・・
この衣装はタラソワさんのデザインだそうです。
タラソワさん、常に微妙です。。。

通称「エイトトリプル」と呼ばれるトリプルアクセルを含む6種類で計8度の3回転ジャンプに挑戦。 回転不足などの判定で「エイトトリプル」達成はならなかったものの、 今季自己ベストの142.71点を出しました。

女子フィギュア史上、最も難しい挑戦をした姿に、世界中のフィギュアスケーターから称賛を受けました。


2015-2016シーズン

2015年12月 ISUグランプリファイナル(バルセロナ)6位
2015GPファイナルSP6位.jpg 2015GPファイナルSP6位.jpg SP 69.13点
光の加減で赤紫にも青紫にも見える衣装です。
色が濃いと剋すパワーも強いです。
3回転+3回転はいずれも回転不足と判定され、1回転となったルッツは規定違反で0点となってしまいました。
2015GPファイナルFS6位.jpg FS 125.19点
トリプルアクセルでステップアウトし、フリップが2回転になるなど、ジャンプミスが目立ってしまいました。
6人中6位というつらい結果になってしまいましたが、この日フリーの数時間前から体調を崩していた様です。
それを不調の理由には挙げず、その後、胃腸炎と診断されました。


2016年3月 世界フィギュアスケート選手権(ボストン)7位
2016世界選手権SP7位.jpg SP 65.87点
この衣装、マゼンタぽいピンクにも見えますね…
何色なんだろう(笑)実物を見てみたいです。

この試合ではネックレスを付けています。
アクセサリーはだいたい五行で「金」なので、演技の邪魔にならない程度にどんどん付けるべきです。
でもペンダントトップのデザインは丸い方が良いですね。

公式練習でトリプルアクセル8本を跳び、 すべて成功させていたものの、本番で転倒、 ジャンプのミスにより9位という結果です。

2016世界選手権FS7位.jpg FS 134.43点
ここでもネックレスを付けています。

3つのジャンプが回転不足となってしまいました。
そしてダブルルッツはロングエッジという判定。

左ひざに違和感を抱えており、練習が十分にこなせなかったそうですが、 競技後、現役延長の意思を伝えました。


2016-2017シーズン

2016年10月 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(シカゴ)6位
2016スケートアメリカSP6位.jpg SP 64.17点
色は黒で五行の「水」ですが、デザインは「火」の象意ですね。
真央ちゃんは真っ赤なルージュは運気が下がるのでやめた方がいいです。
上の方にも書きましたが、色の存在感というのは大事で、面積や量は圧倒的に黒が多いのに、パっと見たときに目がいくのが口紅の赤さなんですよね。
色は抑え、グロスやパールで光らせるのが吉です。

ステップがレベル3となってしまい5位に。
2016スケートアメリカFS6位.jpg FS 112.61点
赤い!口紅と髪飾りと爪まで赤い!!
膝の故障を抱えて思うような演技が出来ない中で、ここまで赤かったら実力を出し切るのはムリですよ・・・
自ら試練を背負っている様にすら見えてきます。

後半のジャンプでミスが続きました。
トリプルアクセルを回避して臨みましたが、トリプルサルコウ着地の際にバランスを崩し、手をついてしまう場面も。

2016スケートアメリカgala.png2016スケートアメリカgala.jpg
 エキシビジョン
金色の縁取りとリボンは五行で金、ドレープは五行で水です。
生地がもう少し白かったら言うことなしです。
でもやっぱりエキシビジョン用なんですよねぇ。

2016年11月 ISUグランプリシリーズ フランス杯(パリ)9位
2016フランス杯9位SP.jpg SP 61.29点
スケートアメリカではアップスタイルだった髪を、ポニーテールに変えています。
上げるか下すかより、髪飾りにこだわって欲しいところです。

冒頭のダブルアクセルを決めたものの3回転フリップ-2回転ループの連続ジャンプは3回転フリップで回転不足という判定に。
スピン、ステップでは3つでレベル3という評価でした…
2016フランス杯9位FS.jpg  FS 100.10点
スケートアメリカの時とよく似ている衣装ですが、微妙にデザインが違います。
火の象意が強くなってしまいました。
デザインじゃなくて色を変えて欲しかった…

回転不足のジャンプが4回、手を付いたのが1回。
シニアデビュー以降の試合で自己最低順位となり、 GPファイナル出場も逃してしまいました。

2016年12月 第85回全日本フィギュアスケート選手権(門真)12位
2016全日本選手権SP.jpg SP 60.32点
直前練習でトリプルアクセルを着氷させていたものの、 冒頭のトリプルアクセルはシングルになってしまいました。
フリップは回転が足りず減点、ステップはレベル3の判定となり8位という結果に。
2016全日本選手権FS.jpg FS 114.10点
フリーでもトリプルアクセルに挑戦しましたが転倒。
トリプルサルコーでも転倒し、3回転フリップからの連続ジャンプは1回転となり、自己最低順位に。

世界選手権2017、四大陸選手権2017の日本代表入りの可能性は消えてしまいました。
四大陸選手権は韓国の平昌で開催される為、プレ五輪とも言われているだけにくやしかったと思います。
この大会を見て真央ちゃんの八字を見てみようと思った訳です。
ものすごく赤いけど、もしや真央ちゃん赤ダメなのでは…?と。

次のオリンピックを目標に現役を続けているでしょうから、 何としてでもオリンピックには出て欲しい。
なので、出場すらできないなんて不完全燃焼で終わって欲しくありません。



 調子の良かった試合

続いて、調子の良かった試合を見てみましょう。
金メダルを獲った大会はたくさんありすぎるので、 SPで70点以上、FSで135点以上だった試合を時系列で並べます。


2006-2007シーズン

2006年12月 第75回全日本フィギュアスケート選手権(名古屋)優勝
2006第75回全日本フィギュアスケート選手権SP.jpg  SP 71.14点
ベビーピンクの衣装です。
これくらい薄い色であれば火のパワーはあまり感じません。 (白の方が良いですけどね)
腰周りの青が吉です。

真央ちゃんの運気が一番良いのは子年(1996年・2008年)と子月(12/8頃~1/5頃)です。 南方火局が解けて「火」が弱まり、「金」も強くなります。
全日本選手権は毎年 子月に開催されるので、フィギュアで日本の代表になる為に生まれてきた様な人だと感じました。
(日干の癸は「陰の水」で氷です)
2006第75回全日本フィギュアスケート選手権FS.jpg  FS 140.62点
赤は良くないので半袖で良かったです。
かろうじて金色が配されています。

それにしても、肌襦袢(ベージュの生地)の色が濃いのが気になります。
違和感もありますし、濃いベージュは五行の「土」に寄ってしまうので、肌より濃くなってしまうくらいなら白いままの方がマシです。 (選手の肌の色に合わせて手染めするそうです)
なんか変とかしっくりこないと感じるものはだいたい変な「気」を持っているものです。


2007-2008シーズン

2007年12月 第76回全日本フィギュアスケート選手権(大阪)優勝
2007全日本フィギュアスケート選手権SP.jpg  SP 72.92点
12月27日で子月です。

白とスパンコールで金のパワーを使えていますね。
薄紫も青みが強い色合いなのが良いです。

ただちょっと、デザインが古めかしいですね…


2008-2009シーズン

2009年4月 世界フィギュアスケート国別対抗戦(東京)優勝
2009国別対抗戦SP.jpg  SP 75.84点
ほぼ水色の薄紫色です。
上の色よりも吉です。
金色がアクセントになっている上に、流れる様なラインになっているので、五行の「金」と「水」を使えています。
髪飾りも金色で尚良いですね。

欲を言えば、胸元のブローチ風の飾りは丸いデザインの方が良いです。


2009-2010シーズン

2009年12月 第78回全日本フィギュアスケート選手権(門真)優勝
2009全日本選手権FS.jpeg FS 135.50点
12月27日で子月です。

火に属するピンクの衣装でしたが演技はとても素晴らしかったです。



2012-2013シーズン

2013年2月 四大陸フィギュアスケート選手権(大阪)優勝
2013四大陸SP.jpg 2013四大陸SP後.jpg
 SP 74.49点
オレンジはNGですが、左胸の部分の素材は完璧です!
背中を含め、全身この素材を使ってスパンコールドレスにして欲しいくらいです。


2013-2014シーズン

2013年10月 ジャパンオープン(さいたま)団体優勝
2013ジャパンオープン FS.jpg2013ジャパンオープン FS後.jpg
 FS 135.16点
ソチオリンピックで着る衣装です。
キラキラした髪飾りがあるといいですねぇ。

真央ちゃんは毎年、「金」の月である申月酉月(8/7頃~10/7頃)も吉です。

2013年10月 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(デトロイト)優勝
2013スケートアメリカSP.png  SP 73.18点
壬戌月です。
壬は日干の癸と干関係が良いので吉象が得やすく、 は余気で「金」が残っているので小吉です。

この後、ソチオリンピックのショートで着ることになる衣装です。

2013年11月 ISUグランプリシリーズ NHK杯(東京)優勝
2013スケートアメリカSP.png SP 71.26点
上と同じ衣装です。

背中がTバック(?)で大きく開いています。
真央ちゃんはせっかくの従格なので、背中に何もないのはもったいないです。
布地が少なく見える衣装の方がセクシーな印象になるからだとは思うのですが、 白の長袖ハイネックで用神の色をたくさん使うのがおすすめです。
せめて肌襦袢を首回りの様にキラキラさせてほしいですね。

2013NHK杯 FS.jpg FS 136.33点
ストーンが少なくて地味ですが、色やデザインはソチオリンピックのフリーで着るものより、こちらの方が良いです。

2013年12月 ISUグランプリファイナル(福岡)優勝
2013グランプリファイナルSP.jpg SP 72.36点
ソチオリンピック団体戦のショートで着ることになる衣装です。
これまでの薄紫より赤みが濃くなっています。
スケートアメリカとNHK杯で着た衣装の方が良いですね。

2013年12月 第82回全日本フィギュアスケート選手権(さいたま)銅メダル
2013全日本選手権SP.jpg SP 73.01点
首周りのストーンも赤(紫?)ではないのが望ましいです。
また、大き目の指輪やブレスレットをすると良いです。(シルバーかプラチナが吉)
石はなくてもOKですが、宝石類を付ける場合、 真央ちゃんにおすすめなのは水晶(クリスタル)や黒曜石(オブシディアン)です。
集中力を高め、妬みや敵対的な念を除けることができます。

2014年3月 世界フィギュアスケート選手権(さいたま)優勝
2014世界選手権SP.jpg SP 78.66点(世界歴代最高得点)
ソチオリンピック直後の大会。
完璧で美しい演技でしたね!
プレッシャーから解放され、本来の力が出せた様です。
ソチオリンピックのショートで、この演技をできていれば銀メダルになっていました。
(ソトニコワの74.64+149.95=224.59点の次点)
運を味方に付けることができなかったのが残念でなりません。
2014世界選手権FS.jpg FS 138.03点
この大会の後、1年の休養に入ります。

運が味方に付いた試合もあるんですよね。
2012NHK杯FS優勝.jpg 2012年11月 ISUグランプリシリーズ NHK杯(利府)
 FS 67.95点
白い衣装です。
アイメイクもパールが効いていて吉ですね。
ジャンプミス連発でもスピンとステップが全てレベル4で優勝
ジャンプが綺麗に決まるのはもちろん大事ですが、 競技である以上、優勝することが最重要です。
実力があって良い演技をしてもタイムオーバーで減点されたりする訳ですし、 運を上げるってこういうことなのかなぁと思います。


2015-2016シーズン

2015年10月 ジャパンオープン(さいたま)団体優勝
2015ジャパンオープンFS.jpg FS 141.70点
復帰後初めての大会での優勝!
この大会は10月3日で酉月です。
この年は乙未年で「木」と「火」が強かったのですが、 それでも吉となった様ですね。

2015年11月 ISUグランプリシリーズ 中国杯(北京)優勝
2015中国杯SP.jpg 2015中国杯SP紫.jpg  SP 71.73点
戌月で小吉です。

解合されて「木」の強くなる乙未年(2015年)も「金」の月に調子が良いので、やはり常に金を強めた方が良いですね。
(真央ちゃんは内格になった場合、「木」の月と緑色で運気が上がります)


そして薄紫色の衣装を着ている回数が多いので、 結果の良かった試合にも悪かった試合にも薄紫色の衣装が当たる頻度は高いです。

ここまでに出て来なかった薄紫色の衣装がまだこんなに。
浅田真央15歳.jpg 浅田真央浅田真央ヴァイオリンと管楽器のためのファンタジア17歳.jpg 浅田真央ノクターン22歳.jpg
浅田真央ジャパンオープン20歳.jpg

全試合の衣装を調べてみようかとも思いましたが、大変すぎて断念しました(笑)
さすがベテラン、量がハンパじゃないです。

でも、赤が良くないということは分かって頂けたのではないかと思います。


ともあれ、国際大会は移動距離が長く、方位取りの影響なども受けやすいので、 試合の結果が命占だけの影響ではない部分はあります。
だからと言って、凶方位へは行かないという訳にいきませんので、衣装は運の上がる色にして欲しいです。


膝の痛みで長らくジャンプができずにいましたが、腰も痛めているかも知れません。
来シーズンに備えて少し休んで、万全の体調で頑張って欲しいですね。

あと1年、悔いのない選手生活を送れる様に応援しています。
真央ちゃんがんばれ!



まとめ


フィギュアスケートは個人競技なので、個人の運気を上げるということが重要です。
また、ジャンプ力・持久力・表現力などあらゆるものが要求されます。
すごく大変なことをしていながら、美しく見せなければならない…
これほど色のパワーが密接に関わってくるスポーツもないのではないかと思います。
不思議な事に、用神の色を身にまとっている人って魅力的に見えるんですよね。
運気が上がっている状態だからなのだと思います。

ジュピター.jpg
真央ちゃんがこれまでに着た衣装で、良いなと思ったのはこれです。
「金」と「水」のバランスがとても良く、魅力的です。

『誓い~ジュピター』という曲で着ている衣装で、袖の揺らめく感じが天女の様です。



ちなみに、私はフィギュアについてド素人な上、これまであまり興味もなかった為、 検証をしていて初めて気付いたのですが、 占い的に見ると、今シーズン調子がいいとか悪いとかって、ひとくくりにできるのは夏のスポーツだけですね。
冬のスポーツでは年をまたぐので、前半と後半で運勢が違います。
(自分が混乱するので、大会名の前に開催月も書いてあるのです 苦笑)

真央ちゃんの場合は従格なので処方が変わらないのですが、 八字の五行バランスがものすごく良い選手だと、 年を越したらラッキーカラーがNGカラーになってしまうこともあり得ます。
むしろ、内格の人はNGカラーを選びがちなので、 シーズン前半で調子が悪くなる色の衣装を選んでしまうでしょうね…。
元々バランスが良ければ、良い影響も悪い影響も受けにくいですが、 シーズン前半で調子が悪いと、国際大会に出られなかったりするので大変そうです。。。

ご自分の八字風水が気になる方はこちらをご覧ください


 ↓お手数ですがクリックお願いします↓
にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ   


ロバミミ

この記事へのトラックバック

 あなたにオススメの記事

寝室.jpg  寝室の風水で恋愛運をアップさせる【桃花水法】

幸せな家.jpg  巒頭の化殺方法

寝室.jpg  寝室で絶対やってはいけない風水

笑う諭吉.jpg  八字風水で選ぶ金運アップの開運財布

八字風水.jpg  八字風水で自分のラッキーカラーを知る方法

2017ラッキーカラー.jpg  紫白九星派風水でみる2017年のラッキーアイテム

ラッキーアイテム.jpg  理気風水の化殺に使えるラッキーアイテム

択日.jpg  擇日とは

激安ベッド.png  通販で今一番売れている激安ベッドCuenca(クエンカ)がオススメな理由

マットレス.jpg  ニトリのマットレス人気ランキングとおすすめの高反発敷布団

ミネラルウォーターサーバー.jpg  風水的にNGなミネラルウォーターサーバー

日盤吉方位.jpg  この夏の吉方位と格安リゾートホテル予約サイト

おすすめ枕カバー.jpg  サイズ自由自在!寝室の風水に合わせて変える枕カバー

流年桃花位.jpg  流年桃花位でみる2017年の桃花方位

本命卦と宅卦の桃花方位.jpg  本命卦と宅卦の桃花方位

効率のいい婚活方法.jpg  婚活に効果的な吉方取りの方法&口コミ評価の良い婚活サイト紹介

人気記事