理気について

まずは理気という漢字の成り立ちや意味を見てみましょう。 「理」には「玉」を 磨き、「玉」の文様、 筋をあらわすという意味があります。 (部首(漢字の左側)が王のものを「たまへん・おうへん」と言いますが、 「玉」が偏になるときは点がなくなり王になります) 旁(漢字の右側)の「里」はきちんとしたものや、筋という意味です。 「理」 デジタル大辞泉で『理気』を…

続きを読む

人気記事